『Contact Widgets』の設定方法と使い方

『Contact Widgets』は、専用のウィジェットを使って簡易プロフィールを作るプラグインです。

プロフィールを乗せるだけならテキストでも構いませんが、
住所を入力するとGoogle MAPに連動して専用のマップを生成するという特徴を持っています。

時間を掛けたくない・・・、一時的なプロフィール欄が欲しいという方にお勧めのプラグインです。

インストール方法が分からない方はこちらを参考にしてください。
WordPress プラグインのインストール・削除・更新

プラグイン基本情報

バージョン情報 :1.6.2
作者      :GoDaddy
公式ダウンロード:Contact Widgets

Contact Widgetsの設定方法

Contact Widgetsに専用の設定ページはありません。
プラグインの有効化を行うと、ウィジェットに「連絡先詳細」が追加されます。

ウィジェットを設定したいサイドバーに追加します。
ここではメインサイドバーに追加します。

タイトル
ウィジェットのタイトルを入力します。

メール
メールアドレスを入力します。

電話
電話番号を入力します。

ファックス
FAXの番号を入力します。

アドレス
住所を入力します。

「住所のマップを表示しますか?」
アドレスの住所を地図で表示します。
郵便番号、住所どちらでも反映されます。

「ラベルを表示しますか?
メール、電話、ファックス、
アドレスのラベルを表示します。

入力が完了したら「保存」をクリックします。
下記は入力例と反映情報です。

設定内容(例)

反映情報(例)

メールアドレスをリンク付け

メールアドレスにリンク付けを行うことでユーザからの問い合わせが容易となります。

下記をコピーし、「メール」に貼り付けて反映させます。

<a href=”メールアドレス”>メールアドレス</a>

SNS情報を追加する

既存ウィジェットの「ソーシャルプロファイル」をサイドバーに追加します。
追加したいSNSアイコンを選択し、「ユーザ名」を変更することでリンクになります。

まとめ

本記事の執筆時に載せる予定だった項目の調査が間に合わず、タイトルと内容を1行で表示する方法や「タイトル」や「メール」といったラベルの命名変更方法は載せることができませんでした。

追って調査し、プラグイン利用時の利便性を上げれるようにしたいと思います。

現段階では上記解説だけでも簡易プロフィールは
作成できるはずなので不明な点があればお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。