『Soundy Background Music』の使い方と設定方法

バックグラウンドに音楽を設定して再生できるのが『Soundy Background Music』。

このプラグインは全てのページで再生することも、好きなページだけで再生することもできます。

今回は『Soundy Background Music』の使い方と設定方法を解説します。

インストール方法が分からない方はこちらを参考にしてください。
WordPress プラグインのインストール・削除・更新

Soundy Background Music デモページ

このプラグインを使ったデモページです。

Soundy Background Musicの設定方法

Soundy Background Musicの設定は、「設定」と「投稿記事」から行うことができます。

設定では共通の設定を、投稿記事では記事ごとの設定を行います。

全てのページに同じ音楽を設定するのであれば「設定」からの設定のみで構いません。

管理画面から共通の設定

管理画面の左メニューの「設定」の中に追加された「Soundy Background Music」から行います。

Audio Track

デフォルトの音楽を設定を行います。

 Enable Background Sound  音楽を有効化させるためのチェックです。
 必ずチェックを入れます。
 Audio File URL  再生したい音楽を設定します。
初期では「valse.mp3」というファイルが入っています。
変更は「Media Library」を選択し、再生したい音楽を選択します。
 Audio Type  メディアのタイプを選択します。
例:mpeg、ogg等
 Audio Volume  音量を設定します。
 Audio Title  メディアのタイトルを設定します。
 Autoplay  自動再生の設定です。
 Audio Repeat Loop  音楽のループ設定です。
音楽終了時に初めから再生します。
 Default Audio  設定を初期化する場合に使います。

Play/Pause Button

再生ボタンの画像を設定します。

Play Normal URL 停止中のボタンの画像を設定します。
Play Hover URL 停止中のボタンにカーソルを当てた時の画像を設定します。
Pause Normal URL 再生中のボタンの画像を設定します。
Pause Hover URL 再生中のボタンにカーソルを当てた時の画像を設定します。
Swap Normal <-> Hover 上記で設定した画像を入れ替える設定です。
Default Buttons デフォルトの画像に戻します。
画像のサイズは、24×24・32×32・48×48・64×64から選択します。
Button Preview 設定したボタンを確認することができます。
音楽は再生されません。
Preview in Context 設定したボタンと音楽を確認することができます。
「Page:」から固定ページを選択し、「Preview」を選択します。

Play/Pause Corner Position

再生ボタンの配置を設定します。

Corner Insertion YES:ボタンを表示します。
NO  :ボタンを非表示にします。
Corner Position Windows:画面をスクロールするとボタンもスクロールされます。
Document:画面をスクロールしてもボタンはスクロールされません。
Upper Right Corner:ボタンを右上に配置します。
Bottom Right Corner:ボタンを右下に配置します。
Upper Left Corner:ボタンを左上に配置します。
Bottom Left Corner:ボタンを左下に配置します。
Button X Offset  配置するボタンのX座標。
Button Y Offset  配置するボタンのY座標 。
Preview in Context  設定したボタンと音楽を確認することができます。
「Page:」から固定ページを選択し、「Preview」を選択します。

Play/Pause Button Responsiveness

再生ボタンの応答性を設定します。

Responsive Mode
 :※確認中です。
Preview 設定した内容を確認することができます。
Preview Window Width:確認用に表示するウィンドウのサイズを設定します。
「Page:」から固定ページを選択し、「Preview」を選択します。

投稿記事ごとの設定

次に投稿記事ごとの設定に移ります。

Soundy Background Musicプラグインを有効化すると、記事の編集画面の下に次のような画面が表示されます。設定画面は「General」「Soundtrack」「Play Options」「Short Codes」に分かれています。

General

ここでは音楽の有効化ボタンの表示を設定します。

Default:管理画面の設定から設定した内容が設定されます。

Yes:対象のページで有効化/無効化します。

No:対象のページで無効化/無効化します。

Soundtrack

ここではページごとの音楽について設定します。

Soundtrack:Defaultでは管理画面の設定から設定した音楽が再生されます。
Customを選択するとページごとに音楽を設定することができます。

Audio Volume:Defaultでは管理画面の設定から設定したボリュームで再生されます。
Customを選択するとページごとにボリュームを設定することができます。

Audio Title:Defaultでは管理画面の設定から設定した音楽のタイトルが表示されます。
Customを選択するとページごとに設定した音楽のタイトルが表示されます。

Play Options

ここでは音楽の再生方法を設定します。

Autoplay:Defaultでは管理画面の設定から設定した内容で再生します。
Yesを選択すると自動再生されます。
Noを選択すると自動再生はされません。

Audio Repeat Loop:Defaultでは管理画面の設定から設定した内容で再生します。
Yesを選択すると音楽終了時に初めから再生します。
Noを選択するとループはしません。

まとめ

このプラグインを使うことでバックグラウンドに音楽を設定することができます。

ただ音楽を設定するだけなら数多くのプラグインが実装されていますが、このプラグインは再生ボタンのアレンジ機能や再生ボタンの表示有無、自動再生の有無など細かな設定まで行うことができます。

オシャレなボタンと音楽を設定してブログを着飾ってみましょう。

プラグインの設定方法で不明点があればコメントお待ちしております。

1 個のコメント

  • Soundy Background Music デモページ | メルプラ 検証・デモサイト にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。