『MathJax-LaTeX』の使い方と設定方法

投稿記事に数式を書こうとした時、複雑な数式を一般的な記述で補うことはできません。

例えば解の公式を書こうとした時、本来の書き方は次の通りですが

投稿上では「x=-b±√b^2-4ac/2a」と表記するしかありません。

今回は数式を画像のように表示するためのプラグイン

「MathJax-LaTeX」の使い方と設定方法を解説します。

インストール方法が分からない方はこちらを参考にしてください。
WordPress プラグインのインストール・削除・更新

MathJax-LaTeXの使い方

MathJax-LaTexプラグインは、有効化した時点から使うことができます。

設定自体は管理画面の左メニューの「設定」に追加された「MathJax-LaTex」から行います。

まずは数式を作りたい記事を作ります。

記事内に[mathjax]と入力をし、記事に「$$x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}$$」と入力します。

これを実際にプレビューすると次のように表示されます。

数式の記述方法について

次に数式の記述方法について解説します。

半角であれば「\」と「¥」の機能は同じなので覚えておきましょう。

数式の作成

$$数式$$

数式の基本的な表示方法は半角の「$$」で囲みます。

※以下の表示は全て「$$」で囲うことを前提としています。

演算子

+ - \times \div \pm x^2

四則演算子やプラスマイナス、べき乗などは次の形式で記述します。

演算子 記述方法
× ¥times または \times
÷ ¥div または \div
± ¥pm \pm
x^2 x^2

分数

 

 

分数は「\frac{分子}{分母}」の形式で記述します。

解の公式であれば「x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}」と記述します。

根号(平方根/ルート)

\sqrt{x^2+y^2+z^2}

根号は「\sqrt{根号の中}」の形式で記述します。

総和

\sum_{k=1}^{n}{k}=1+2+3+…+n

総和は「\sum_{Σの下}^{Σの上}{Σの右}」の形式で記述します。

その他

演算子 記述方法
\pi \pi
\sigma \sigma
\mu \mu
\cdots \cdots
\vec{a} \vec{a}
\overrightarrow{a} \overrightarrow{a}
\angle \angle
\partial \partial
\nabla \nabla
\log \log
\log_a \log_a

文字サイズの変更

文字のサイズを指定するには次の形式で記述します。

サイズ 記述方法
7pt \scriptsize または ¥scriptsize
9pt \small または ¥scriptsize
10pt \normalsize または ¥normalsize
12pt \large または ¥large
14.4pt \Large または ¥Large
17.28pt \LARGE または ¥LARGE

文字のフォント変更

文字のフォントを指定するには次の形式で記述します。

書体 記述例 記述方法
イタリック体 \it{ABC abc 123} \it{ABC abc 123}
ゴシック体 \gt{ABC abc 123} gt{ABC abc 123}
ボールド体 \bf{ABC abc 123} \bf{ABC abc 123}
ローマン体 \rm{ABC abc 123} \rm{ABC abc 123}
サンセリフ体 \sf{ABC abc 123} \sf{ABC abc 123}
タイプライタ体 \tt{ABC abc 123} \tt{ABC abc 123}

文字の色の変更

文字の色を指定するには次の形式で記述します。

文字の色 記述例 記述方法
\color{red}{赤色}
青  \color{blue}{青色}
\color{green}{緑色}
\color{yellow}{黄色}
\color{magenta}{紫色}
\color{black}{黒色}

1文字であれば「\color{色}文字」の記述も可能です。

2文字以上の色変更は必ず「\color{色}{文字}」で記述します。

まとめ

今回解説した数式の表示例はあくまで一例です。

全て使えるわけではありませんが、ある程度のLaTexコマンドは使うことができます。

ブログ上で数式を表示したいと思ったらMathJax-LaTexプラグインを使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。